天代家系譜

家系図作成や調査に関すること天代家系譜へご相談ください。

歴史コラム 歴史の窓 | 天代家系譜 東京・日本橋 大内宿

紀三井寺〔重要文化財〕
-和歌山県和歌山市紀三井寺-

紀三井寺(きみいでら)は、和歌山市にある寺院で救世観音宗(ぐぜかんのんしゅう)の総本山です。正式名は紀三井山金剛宝寺護国院(きみいさん こんごうほうじ ごこくいん)といい、西国三十三所第2番札所となっています。

楼門をくぐると、目の前に231段の急な階段がそびえ、崖のような急峻な地形に設けられた寺院であることを実感します。階段を上ると、和歌浦の眺めが素晴らしく、階段上りの苦労も吹き飛んでしまいます。
途中井戸が見られますが、この三つの霊泉、吉祥水、楊柳水、清浄水が寺院名の由緒になっています。この井戸は、「紀三井寺の三井水(さんせいすい)」として環境庁の名水百選に選定されています。
この寺は、宝亀元年(770)唐の僧為光(いこう)上人によって開基されました。また和歌山藩歴代藩主が訪れ、紀州徳川家の繁栄を祈願したといわれています。
また、早咲きの桜の名所としても知られており、間もなくすばらしい花の季節を迎えるようになるでしょう。

地図-紀三井寺
和歌山市観光協会
2018-01-20

上左 : 楼門 国指定重要文化財
下左 : 二百三十一段の石段
下中 : 本堂 県指定重要文化財
下右 : 和歌浦の眺め
撮影日:2018年02月13日

紀三井寺 楼門
紀三井寺 石段 紀三井寺 本堂 紀三井寺から和歌浦を望む

家系図を作りたい方へ

  • 調査からすべて依頼したい方
  • 系図のまとめを依頼したい方
  • できるだけ自分で調べたい方
  • 家系譜.com

メール
  • 渡辺邸保存会
  • 日本家系図学会
  • 中央区観光協会
  • ヤギケン
  • 日本橋情報
  • 日本ルーツ家系研究所